かやうちわ 四方葉
kaya-004

5,000円(税込5,400円)

購入数

  • 在庫  在庫3です。
「カミノシゴト」では、美濃手漉き和紙にひたすらこだわり、0.8个寮幅まで再現が出来る
独自の和紙の製造技法を「保木工房」と共に開発しました。
この技法は「SNOWFLAKE」等に応用され、水だけでガラスに貼る事が出来る
ウインドーデコレーションとして好評を得ています。
「かやうちわ」では繊細な文様が表現できるこの美濃透かし和紙を表面に使用し、
裏面には9.5g/峩貿の土佐典具帳紙を使用しています。この和紙を漉く「ひだか和紙」では
世界でも類を見ない1屬△燭1g以下という極薄の土佐典具帳紙を製作する技術を保有し、
その和紙は世界各地の美術品や文化財保存に役立てられています。
この粋を極めた二つの和紙を丸亀のうちわ工房「風の種」に依頼して出来上ったのが「かやうちわ」です。

 平安時代、京都の紙屋川のほとりにあった、官立の製紙加工所を紙屋院(かみやいん、かやいん)
と呼び、日本の製紙技術の指導的役割も果たし、その後日本各地に紙漉の技術が広がったようです。
美濃和紙と土佐和紙、どちらの産地も同じ紙漉のルーツを持ち、伝統の技術を継承しつつ、
それぞれの土地で特徴のある和紙を作り上げ現在に至っています。
 「かやうちわ」は紙屋院の技術が時代を巡りながら現代の二つの産地の和紙が
重なって作られている「紙屋の団扇」という意味で名づけられました。

サイズ/縦345mm 横174mm
使用している和紙/表・美濃透かし和紙(楮 100%)、裏・土佐典具帖紙(楮100%)
その他の原材料/竹
デザイン/家田紙工(株)
漉き元/保木工房、ひだか和紙
団扇制作/工房「風の種」 販売元/家田紙工(株)

注)台座は付属いたしません。
ご希望の方は水うちわの台座をご購入下さい。